マネー オールオアナッシング

お金があれば大丈夫?それ以上に大切なものは・・


あれ?エアコンが故障したのかな??冷暖房がうまく調節出来ない原因は本体?それとも室外機なの??

エアコンの動きが悪い、エアコンの温度調節がうまくいかない・・なんて事はありませんか??

もしかすると、エアコンの冷房が冷えない理由、暖房が暖まらない理由が本体だけでなく室外機にも原因がある可能性があります。

 

ここでは「もしかして、エアコンの故障かな??」と思った時にチェックしたいポイント、お家でできるメンテナンスの方法をまとめましたので、参考にして下さい。

 

f:id:nottoworry-money:20171219100537j:plain

 

エアコンの故障の原因 冷えないのはなぜ??

まずはじめに、エアコンの冷房が冷えない時、温度調整がうまくいかないという症状についてです。

夏の暑い中でエアコンが効かない中、長時間過ごすのは熱中症になる事もあり、とても危険です。

また、冷えすぎると逆に風邪を引いたり、体温調整が上手くできない事で、クーラー病(冷房病)にかかってしまう事もありますので要注意です。

 

話が逸れましたが、エアコンの冷房が効かないのには何かの原因があり、チェックポイントとしては、

  1. エアコン本体にホコリが詰まっている可能性。
  2. エアコン本体や室外機のガス漏れ。
  3. 室外機に直接日光が当たり、冷えない。
  4. 室外機の周りに物が多く、熱が放出出来ていない。
  5. エアコンの推奨する広さと部屋の広さが合っていない。

事が主に考えられる原因のようです。

 

1つ目のホコリですが、対策としては「掃除をする」としか言えませんが・・ホコリは水分とくっつくとカビの発生要因になり、臭いにもなります。

詳しくは、

www.nottoworry-money.biz

こちらも参考にして頂ければと思います。

 

2つ目のエアコン本体のガス漏れですが「熱交換器に霜」、室外機のガス漏れですが「細いパイプに霜」が付いている事があるそうです。いずれの場合もエアコン修理の専門家に依頼するのが無難です。

 

3つ目の室外機に直接日光が当たる事ですが、光熱費が上がる原因にもなりますし、エアコンに送り込む送風を冷やしにくい事がありますので、日陰に移動できるようであればした方が良いみたいです。

 

4つ目の室外機の周りに物があるケースですが、熱くなった熱を放出する事が出来なければ同じくエアコンに送る送風が冷えません。周りに余計なものが無いかチェックしましょう。

 

5つ目のエアコンの推奨する部屋の広さですが、購入時に●●畳が推奨と書かれていますので、それ以上の広さで使っていないか??は確認した方が良いですが、場合によっては買い替えした方が速いかもしれません・・

 

エアコンの故障の原因 暖まらないのはなぜ??

続いて、暖房で暖まらない場合ですが、様々な理由がありますが、

  1. エアコンの風量の調整が効かない。
  2. 暖房が途中で止まる。
  3. エアコンのフィルターが汚れている。
  4. エアコンが部屋の広さに合っているか確認しましょう。
  5. エアコンのガス漏れが無いか確認しましょう。

が主なチェックポイントとなります。

 

1つ目のエアコンの風量調整が効かない場合は、対策としては室外機の吹出口、吸込口にゴミやホコリが付着していないかチェックしましょう。

 

2つ目のエアコンの暖房が途中で止まる現象がある場合は、霜取り運転などをしていないか?少し様子見をしましょう。霜取り運転の後は「室外機の下から出ているドレンホースから水が排出されている」ので、確認してみましょう。

 

3つ目のフィルターの汚れですが、フィルター清掃を定期的に行う事、また時々はエアコンクリーニングを業者に依頼するのも1つの方法です。

 

4つ目のエアコンの広さに合っているか?は冷房でも書いた通り、合わない場合は無駄に電気代を使う事にも繋がりかねませんので、買い替えも検討した方が良いかと思います。

 

5つ目のエアコンのガス漏れですが、こちらも冷房と同じく専門業者に依頼するようにしましょう。下手に素人が手をだすのは危険ですので、注意して下さい。

f:id:nottoworry-money:20171219163749j:plain

 

エアコン故障の原因が本体?室外機??冷暖房が効かない場合の対処まとめ

今回、エアコンが故障したかな??をチェックする項目として冷房と暖房、それぞれ5つずつチェック項目を出しています。

この中で専門業者に依頼するべき事は「ガス漏れ」、「エアコン掃除(本格的にしてもらう場合)」のみです。

その他の室外機の位置や周りの空間をチェックしたり、室内の広さとの比較などは、自分たちでも十分に出来る方法ですので、故障かな??と専門業者に連絡を入れる前にセルフチェックをして、原因を追求し対処してみてはいかがでしょうか。