マネー オールオアナッシング

お金があれば大丈夫?それ以上に大切なものは・・


窓周りの掃除やり残していませんか??心機一転!新年に取り組む窓拭き掃除のコツ

窓周りの掃除は、細かい仕上げをするところがあり面倒だと思う方も多いのではないでしょうか。

また窓は、部屋の内側と外側で汚れの質が違っています。

そのことを知っていれば無駄に洗剤を使わなくても、掃除の仕方を変えるだけできれいにすることができます。

ここでは、窓周りの掃除を効率よく進める方法を書き進めていきます。

 

窓周りの掃除は、大胆に専用の洗剤を使わなくてもエコに掃除をしませんか?

まず最初に、窓の内側につく汚れは、調理で出る煙や油など家庭で出る汚れになります。

まずは毛ばたきで埃を払った上で、ぬるま湯で窓拭き取り、次に、湿り気があるうちに乾いた新聞紙で拭き取りましょう。

もし、汚れがひどい時は、台所洗剤を23滴たらして拭きましょう。

新聞インクのワックス効果できれいになりますし、汚れも付きにくくなります。

f:id:nottoworry-money:20180104110059j:plain

 

続いて、窓の外側の窓の汚れですが、家の外側は泥やホコリなどで付いた汚れです。

そのため水に溶けやすい俺なので、ホースやバケツで水をかけて汚れを飛ばすように、ダイナミックに掃除をしましょう。

窓についた水は、乾いた布で空拭きして仕上げれば終わりです。

 

続いて、窓枠の汚れですが、窓枠の四角の汚れは、土ほこりは塩をつけて落とします。

絞った雑巾に使用をつけてしっかりと擦り、また割り箸に布をくくりつけてマツイ棒のようにして、その先に塩をつけてこする方法でもよいでしょう。

 

続いて、窓にブラインドをつけている場合は、軍手雑巾を使って簡単に拭き取ります。

まずは叩きで誇りを払い、ゴム手袋と軍手を指にはめ点5本の指でブラインドを挟み拭きにします。

ゴム手袋の上にはめた軍手は、少し湿らせて絞っておきましょう。

ブラインドの間に手を入れれば、裏表がいちどに老けて便利です。

もし、汚れがひどい場合は、台所洗剤を少し加えて落としやすくしてください。

f:id:nottoworry-money:20180104110147j:plain

 

次に、窓枠のサッシですが、時々黒、白のぶつぶつが見られますが、これらはサビでできています。

割り箸の先に布をつけたマツイ棒などで力を入れて擦り落とすようにしましょう。

またゴム部分のカビの汚れは、黒いカビでひどくなる前に、古い歯ブラシを使って台所洗剤をかけて擦り落としましょう。

もし頑固なカビで落ちない場合は、プレンザーを使ってきれいに落としましょう。

f:id:nottoworry-money:20171228131552j:plain


次に、カーテンレールの上には、埃が溜まっています。

毛ばたき^_^をかけた後に、台所洗剤を23滴たらして、雑巾で拭き取ります。

木製レールの場合は、空拭きしてドライヤーで乾かしておきましょう。

 


最後に、ほこりが1番溜まりやすいサッシの溝の掃除についてです。

サッシは凸凹しているので、とても掃除がしにくいので、スポンジに切り込みを入れて冊子の凹凸に、ピタッと密着するような形にしてみましょう。

スポンジは濡らして絞って、溝にピタッとはめ込んで拭くようにしてください。

f:id:nottoworry-money:20180104110233j:plain

また、溝の中の埃取りは、使用済みのチークブラシを使うのもオススメです。

チークブラシの場合は、洗って乾かせば何度でも使えるので、とても便利です。

 

窓周りの掃除をキレイに仕上げるコツまとめ

いかがでしょうか?窓の掃除は細かいところまで神経を行き届かせなければならないので、とても大変・・・

と思われがちですが、窓周りをキレイに仕上げると、見た目もスッキリキレイに見えます。

もちろん、窓周りの掃除と合わせて窓をキレイにしておくと、太陽の光が入り込んだ時に、とてもキレイに見えますし、気分も良いです。

朝起きた時にも、眩しいくらいの太陽光が入ってくるピカピカの窓を目指して、しっかりと手を抜かずに掃除をしましょう!

 

f:id:nottoworry-money:20171229094400p:plain 一緒に読まれています。

www.nottoworry-money.biz

 

www.nottoworry-money.biz